FC2ブログ

14:チャレのセオリー「始動」編 【4】


チャレンジクエスト解説 Vol.14


またしてもしばらく時間が過ぎてしまいましたが…前回の記事はこちら。
チャレンジクエスト「始動」のセオリー紹介の続きをやっていきたいと思います!
特別な技術はいらず、知っていれば実践できる内容なので、覚えておいてもらえると嬉しいな!

※勿論、このとおりにしなければいけないという事は無い。
 これを基礎に、皆は自分が戦いやすいように戦略を立てているよ、という意味だよ!






● 皆で左(西ルート)を走破しよう!

 M6は開始直後のエネミーを全て倒すと、次に進む道を、北へ行くか西へ行くか
 スイッチを押して選べるようになるが、全員で西を選択しよう!

 
 (C)SEGA

 スイッチは進む方向に1つずつ設置されていて、片方を選ぶと、
 もう片方のスイッチは自動的に電源が落ちて作動しなくなる。
 一度選んでしまうと、進行ルートは変えられないので、間違わずに西へ行こう!


  ■ なぜ?
  実質物理的な距離は北ルートの方が圧倒的に短いのだが、
  北を選ぶと狭い場所で複数のボスと戦わなければならないため、下手をすれば死人が続出し、
  一気にゲームオーバーも有り得る。
  そのうえ、時間短縮以外のうまみがないので、経験値や強力なアイテムを入手できる
  西ルートを選ぶのが主流だ。



●ファンジに要注意!

 西ルートを選択すると、今度はタガミカヅチか赤コンテナを選ぶスイッチが出現する。
 2017年1月現在、スイッチは左側のタガミカヅチを選択するのが主流になっている。
 理由としては、膨大な経験値と強力なユニットがドロップするためだが、
 どちらかのスイッチを押すと、Eトライアルでファンジが発生してしまう。

 ファンジにさらわれた先にはダーク・アグラニが待ち構えているため、
 あらかじめ準備しておかないと、討伐はむつかしい。
 そのため、ファンジ役の人がスイッチを押すのが望ましいだろう。
 役職を担っていない人は、あまり前へ出ない方が賢明だ。

 
 (C)SEGA

 ちなみに発生位置は上記画像の通り、西ルート選択直後なので、
 慣れるまでファンジ役が無事スイッチを押してファンジに捕まったのを確認するまでは
 少し後方で待機しておく方がいいかもしれない。

 
 (C)SEGA

 なお、ファンジは進行方向に向かって右側から出没するので、左側から進むと安全だぞ!



●ユニットが被ったら即置こう!

 ここまで無事に進めていれば、2体のタガミカヅチを倒すことになるが、倒しきると
 ユニットの「リア/ブリッツシンボル」「アーム/ブリッツサイン」をドロップする。
 1つずつ入手できたならそのままでかまわないが、時々同じものがドロップしてしまう事がある。

 このユニットは強力なので、入手したら即装備、入手が被ったら余ったほうは即置こう。
 この先からどんどん苛烈になっていくため、装備はみんなで共有したい。





●うまく4方向へ分かれよう! (左下へは基本、行かない)

 M7のフィールドマップは、M2とほとんど同じだが、左下と右下に道が増えている。
 右上、右下、左上、左下の4か所に出没するエネミーを全て倒しきることで、
 スイッチを推すことが出来るようになり、4か所すべてのスイッチを押すと、
 M7踏破へ向かう中央通りが解放される仕組みだ。

 
 (C)SEGA

 素早く道を開放するために、4か所へ別れよう。
 どこへいっていいかわからない場合は、右上か左上のどちらかへ行くといい。


  ■ なぜ?
  右上と左上は、それぞれボスエネミーが出没する。
  右上はアロナガーダ、左上はカタドラールと、どちらも素早く倒すためには人数が必要になる。
  右上は4~5人、左上は5人ほしい。

  左下はディランダールが2体出現するだけで、一番楽ではあるが、
  この後出没する敵が倒せないため、タゲ役が引き付けなければならない。
  その準備をするためにも、タゲ役が一人で左下へ向かうため、他の人がついていってはいけない。

  分岐の内訳は、左上5人、左下1人(タゲ役)、右上4~5人、右下1~2人がベストだ。



● ヴォモスブロドシスに要注意!

 4つのスイッチを全て起動させると、中央にヴォモスブロドシスが出現するが、
 この敵はM2同様倒せない。
 しかしM2と違い、ヴォモスブロドシスは攻撃しなくても近くにいるだけでターゲットが移る。
 攻撃するのは勿論NGだが、近づくのもNGだ。
 タゲ役が引き離したら、急いで中央のベイゼを破壊しよう!



● 隠しエネルギーが出現するぞ!

 このマップから、右上のマップ(レーダー)に表示されない「隠しエネルギーカプセル」が出現する。
 マップを見ただけでは取得したかどうか区別がつかないため、間違って取らないように注意しよう。
 M7に限り、隠しエネルギーの場所が遠い事もあって、管理が他の人に取得を頼むことがあるが、
 事前に取得する人を決めておくか、入手した際にはコールした方が安全だ。



● ここまでで温存・即使用したい重要なアイテム

 ・温存しよう!: ジャスティスクロウ (デュアルブレードPA)
  …ファンジ役など、IA3でデュアルブレードをメイン武器に選んだ人が使用するPA。
   特にM8で使用することが多いので、自分がデュアルブレードを使用していない場合は
   使用者に渡すようにしてほしい。

 ・温存しよう!: シンフォニックドライブ (ツインダガーPA)
  …シンフォと略されることも。
   最後の武器にツインダガーを選ぶ人が一定数いるため、有用なPA。
   次のIA4でショップの交換リストにも載っているPAだが、ディスク温存のために
   自分が使用しない場合はIA4で置くようにしよう!

 ・即置きor即使用しよう!: ギ・バータ (テクニック)
  …ギバと略されることも。
   M7から氷を弱点としているエネミーが増え、かつ前方広範囲に展開するテクニックであるため
   足止めにかなり有効。この時点ではテクニックをメイン武器に使用している人は
   おそらくさほど多くないので、要求があれば即置き、なければ温存くらいでいた方がいい。
   M6のロックベアからタリス「エーベルブック」が出た場合は、セットで即使用or即置きしたい。

 ・即置きor即使用しよう!: レア武器全般
  …この辺りからとにかく先へ進むことが求められ、時間に余裕がなくなってくるため、
   手が回らない場合は温存してIAで武器を置いても問題ない。
   けた違いに強いレア武器が出ることがあるため、
   自分が使用しない武器は皆が集まる進行方向に置くとベストだ。

 ・即置きor即使用しよう!: リア/ブリッツシンボル (防具)
 …ブリッツ、リアと略されることも。
  タガミカヅチを倒すと、入手できる可能性のある防具。
  終盤まで頼ることになる可能性の高い防具であるため、即使用し、もし余った場合は即置こう。

 ・即置きor即使用しよう!: アーム/ブリッツサイン (防具)
 …ブリッツ、アーム、腕と略されることも。
  タガミカヅチを倒すと、入手できる可能性のある防具。
  終盤まで頼ることになる可能性の高い防具であるため、即使用し、もし余った場合は即置こう。





● 回復アイテムの補充を忘れずに!

 このIA4以降、次のIA5では回復アイテムの交換が出来なくなってしまう。
 特に最後のエリアで使用することの多い「スターアトマイザー」の補充は忘れないようにしよう。
 1人2~3個以上所持しておくのが理想だ。



● 転送装置へは入らない!
 M8は99匹のゴルドラーダを討伐するミッションが課せられたりする。
 ここで問題になるのは、そのエネミーの出現の仕方だ。
 PSO2はエリアホストと呼ばれる人の環境によって、挙動が変わってしまう。

 

 ざっくり言うと、エリアホストはプレイヤーを代表して、大本のPSO2とアクセスすることになる人間だ。
 基本的にホストになった人と同じ挙動が、他のプレイヤーに適用されるぞ!

 チャレンジにおいてのエリアホスト選定基準は、一番最初に次のマップに到達した人になる。
 マップごとにエリアホストは切り替わることになるね!
 ここで回線の弱い人がホストになってしまうと、エネミーがなかなか出現しなかったり、
 プレイヤー全員の挙動が不安定になってしまうから注意だ。

 また、エリアホストになった人へエネミーのタゲが集中しやすいという挙動があるらしく、
 全員が「誰がホストなのか」認識したうえで、
 比較的安定した環境の人がエリアホストになれるよう、選ばれた人(大体先行役が行くぞ!)は
 他のプレイヤーより少し前に一人で先のエリアに進むことになる。

 
 (C)SEGA

 2017年1月現在、残り時間33秒で、テレポーターを起動させるのが主流だ。
 ここでエリアホストになる人以外もテレポーターへ入ってしまうと、システムが誰をホストに選んだのか
 全員わからなくなってしまうため、後方で待機していてほしい。
 ちなみに時間切れで自動的に次のエリアへ転送されるため、テレポーターへ入る必要はないぞ!

 なお、その特性上、ホストになった人が起爆(M8解説記事に記載予定)という役割を担うので
 それも頭に入れておいてほしい。



● 武器は必ず1つ交換しよう!

 ここでは2017年1月現在、タクト以外のすべての武器種が交換できるようになっている。
 次のIA5では、ここで交換した赤武器が交換アイテムとして要求されるため、
 自分が一番使いやすい、慣れた武器を選んで交換しておくといい。
 ここで選んだ武器種で、最終フィールドを戦う事になるぞ!



● おすすめ武器はツインダガー!

 チャレンジに慣れた人は、自分の一番慣れた武器種よりも、火力の高い刀や、
 PA「ヘブンリーカイト」を覚えていればデュアルブレードを使用したり、
 この先のレアドロップを期待してパルチザンやダブルセイバー、タリスを使用する人もいるが、
 チャレンジに不慣れな場合、おすすめなのはツインダガーだ。
 ツインダガーを使い慣れていない場合、使い慣れた武器と合わせて、サブ武器として持っておくといい。

 武器:赤のツインダガー (ツインダガー)
 PA:シンフォニックドライブ
 スキル:ツインダガーギア、(※あればIA3でのみ取得可能:ツインダガースピンムーブ)


 これ以降出現する敵は動きが早く、被ダメがとにかく大きい。
 比較的簡単に対空戦ができて、相手の動きを交わしやすいツインダガーはおすすめだ。



● 普段使わないツインダガーを握った場合

 ・ギアの上げ方は高度維持!
  ツインダガーは、武器を構えた状態で地面に足をつけないでいると、ギアがたまる。
  チャレンジにおいてこの武器は、そもそもの攻撃力が低い部類なので、ギアは維持していたい。
  ギアのとり忘れには十分注意してくれ!

  
  (C)SEGA  ※参考画像は通常クエストより

  単純にジャンプしただけでもギアは上がるのだが、その時武器を構えていないとギアはたまらないうえ、
  着地した時点でギアは0になってしまうため、注意しよう。

  
  (C)SEGA  ※参考画像は通常クエストより

  画像は通常クエストのウーダン(LV.1)で試したもの。
  装備条件は全く同じで、これだけ与ダメに差がついてしまうので、ギアの維持はしておきたい。



 ・武器アクションは「全方位ガード」およびギア上昇!
  チャレンジに不慣れな人にお勧めする一番の理由だ。
  とにかく回避行動に優れた武器なので、パレットへ武器アクションのセットは忘れないようにしてほしい。

  武器アクションは、スピンを行い、一度宙へ身体を浮かせてギアを上げる行動でもあるため、
  ガード以外にもギアを上げるために使える。
  移動やミスなどで地面に足が付き、ギアが落ちてしまった場合は

  1.ステップ(方向キーを連続で押そう!)で武器を構え
  2.ジャンプでギアを1段あげ
  3.武器アクション(スピン)でギアを2段あげ
  4.PA

  の、コンボがお手軽にギアを上昇させられるよ!



 ・「ツインダガースピンムーブ」の効果
  IA3でのみ交換して入手できるこのスキルは、
  武器アクション(スピン)中に方向キーを入力することで、空中でスピンしながら移動できるスキルだ。
  せっかく滞空していても射程にエネミーがいない場合、多少だが空中で任意の方向に移動する事ができる
  貴重な手段になる。
  ツインダガーを使うなら、とっておきたいスキルだろう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
過去のお勧め記事
プロフィール


名前 :コウ
人種 :ヒューマン/男性
メイン:Te/Su
Ship :10(現在8に旅行中)

チーム10:Rosen Kreuz(マネ)
チーム8:Re:Monster(コモン)

ガンナーに憧れつつ、
主にテクターやってます。
サブFoからSuに転向しました。
メインとサブクラスLV.80!
他クラスLV.75!

マトイちゃんとリリーパをこよなく愛す、
ファッションショーとSS撮影が
メインと化しているエンジョイ勢。

最低限迷惑にならない程度のプレイを
心がけつつ、楽しんでます。

+・+・+・+・+・+・+・+・+・


『PSO2サポーターズリンク』登録中!


[c]SEGA

いつも投票ありがとうございます!
よかったら1日1回投票よろしくね!

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
事前事後の報告は不要です。

相互リンク希望の方は
お気軽にコメントにてご連絡ください。

タイトル⇒ 初心者あんしん!PSO2
URL ⇒ http://kourk.blog.fc2.com/
管理者 ⇒ コウ

※ バナーは持ち帰りでお願いします


リンク
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスカウンター

現在の閲覧:

2016/09/19設置。
今更感ある…。