FC2ブログ

SS:今更ハグの身長差

どうもこんばんは。
今日は久しぶりにSSのためだけにログインした主です。


(C)SEGA

開幕、これはかっこよく撮れたのではないかと思う1枚を。(笑)
…「そっちが本体」と噂のリリーパが、相変わらず肩に乗っててアレですが。
どうでしょうか。


そんなことはさておき。
主は生活リズムがめちゃくちゃなので、プレイ時間もバラバラです。
一番最初の記事の自己紹介の通り、プレイも長期INしたり、長期不在だったりするうえ、
チャレンジが実装されてからは、頻繁にそちらへも出向くため…
自鯖のフレンドと遊ぶ時間が被ることがとっても少なく、
最近はすっかりソロプレイに……。

そんな中、今回チームマスターが時間を合わせてくれるとのことで、
ちょっとだけログインしてみました。


(C)SEGA

右がうちのチームマスターです。
主は衣装(靴の高さ)を抜いて、素の身長を169センチにしていますが、
マスターは190センチ台だそうで…身長差がやべぇ。
なんだか主が子供に見えてしまいます。

まぁ、そんなことは今更だ!

折角フレンドがINしてくれているなら、ずっとやりたかったロビーアクション
247「ハグ」をやってみようではありませんか!
実はこのロビアク、前からずっとヤバいんじゃないかと思っていたんです。

「「俺らの身長差があれば、絶対やれる…!」」

確信したうえで、いざ実行。
それがこちら。


(C)SEGA

はい、アウトー!
後ろからハグをかますと、こう…絶妙な感じに、股間に手が。
絶対やれるに違いないと、わざわざ二人でブーメランパンツに履き替えて実行。
思った通りの画がとれて、笑いがとまりません。
クレヨンしんちゃんのオカママジョ思い出した…。

でもこれ……男女でやったら、もっと生々しいものが撮れそうですね!
えっちなのはいけないと思います…!(もっとやれ



ちなみにですが、先ほどのSSは背後から男性モーションのハグを実行したわけですけども…
この身長差で背後から女性モーションのハグを実行するとどうなるか…?


(C)SEGA

こうなりました。
丁度首元に手がいくので、いい感じに脅してるような画がとれます。
ちょっと右手が目にいっちゃうので…まぁその辺は、
うまい事フォトショップで加工したらそれっぽく見えるのではないかと、主は推測します。


で、真面目に正面から抱き着くと、ドラマや少女漫画、純愛系のギャルゲーのような構図も。


(C)SEGA

まぁこれは┌(┌^o^)┐ですけどね。

背景とか、ちょこっと加工はしましたが、だいぶいい感じではないでしょうか?
びっくりするほどはまったので…
このロビーアクション、身長差20センチ↑くらいで綺麗に見えるのかもしれません。

運営さんはどれくらいの身長差を想定していたのでしょうか…?

うっかり、二人とも同時にお互いへ「ハグ」をかますのは試し忘れていたのですが…
位置取りはちょっとむつかしそうですけど、これくらいの身長差がはまりそうですね。
PSO2のカップル、百合っぷる、ほもっぷるの皆様、身長差は20センチ、おすすめですよ!

…今更かな。


ちなみに、主はハグを一番最初に愛しのマトイちゃんにと決めていたので、
マトイちゃんのEP4のパートナーカード入手と共にためしましたが…


(C)SEGA

はい、アウトー!

今、マトイちゃんは衣装の関係か、大体主と同じ身長なんですけども…。
後ろからハグすると、こう…胸にね、手がね…うん……。

セクハラするつもりはなかったんだ…。
もう二度と離れないでくれよって思っただけだったんだ…なのに、こんな…!!!


しかし…!
そんな事を話していたら…
「これ、角度うまく調整したら、胸に手を突っ込んでるようにできるんじゃ…?」
という、神コメントが。

天才かな?
角度調整に成功した猛者がいらっしゃれば、ぜひともコツをお伺いしたいです。

大丈夫、大丈夫。
マトイちゃんが嫌がらないように、人目があるところれはしないからさ。(笑)
スポンサーサイト



日記:「始動」(ハード)

現在チャレンジクエストで発生している不具合。
IAのショップでアイテムが交換できないという、まさかの致命的不具合ですが、
なんだかチャレンジに行ってみると、多くの人が「神アップデート」等と
騒いでいるではありませんか。(笑)

主はチャレンジ、どちらかというと「始動」を多く受注していまして、
「決断」はブーストがかかっている時に少しやる程度です。
バグが発生した今週は「始動」がブースト週。
なので「決断」を一度もプレイしていません。

が…どうやらバグで「決断」の方は難易度が異常なほど跳ね上がっているようですね。
踏破できた方、いるのでしょうか…?


……さて、そんなわけで「神アップデート!」と騒いでいるのは、
主の活動範囲…おもに「始動」をメインに遊んでいる方々のご意見なのですが、
公式は今後どうするのでしょう?
明日には以前のチャレンジに戻るようですが。

チャレンジでタイムアタックやソロをやっているような、一部の超上級プレイヤーは、
運任せの要素が強い今に関しては、「早く直してほしい」という話をしておりましたが、
そうじゃないプレイヤーは、難易度が上がって楽しんでいる様子。
不具合に腹が立つという言葉はあまり耳にせず、現状をいわゆる

始動(ハード)

と、呼んで、おおむね歓迎されている様子です。
…この好評っぷりは、公式も予想外だったのでは?
もしかしたら今後、正式アップデートとして、ショップが使えない新しいチャレンジが
実装されるかもしれないなぁ…と、思ったくらいの歓迎のされ方ですね。

そして、ヌルゲーマーの主としましても、今のチャレンジは結構好きだったりします。
意外と思われるかもしれませんが。(笑)

実際難易度は高く、野良で踏破できたのは初日の1回限りだったのですが…。
今のチャレンジは、もう完全にセオリーが出来上がっていて、使える武器・技も
大体決まってしまっており、それ以外だと下手をすれば地雷扱いされてしまうわけです。

が、今はショップが使えないのでそんなことは言っていられません。

とにかく、あるものだけで何とかする…!
その結果、色々な武器を使えるので、戦い方に幅が出ました。
主はこの期間で、タリスに目覚めましたよ!(笑)
思わずメインでも、イデアルでタリスを作ってしまいました。
属性だけで強化はまだなのですが。
あと、始動で地雷に近い武器だった「自在槍」…これを使えるようになったので、
普段から自在槍を使っていたプレイヤーには朗報ではないでしょうか?


…ただ、他にも危惧していらっしゃった方がいましたが……。
今回の不具合をうけて、運営はチャレンジマイルを全プレイヤーに
大量にばらまくようですね。

10万マイルばらまくとか。

チャレンジに入り浸っている人間からすれば「なぁんだ、その程度」という額。
マイルを持て余していて、マイルなんかいらないぜ!
って人間も結構いるようなのでアレですが、
チャレンジをほとんどやらないプレイヤーにしてみたら、とんでもない額面では…。

始動踏破を10回ってところかな?
そう考えると、なんてことないように感じますが…1回踏破するのにかかる時間を考えると
ヤッパリすごいなぁ…と思ってしまいます。

で、チャレンジを普段からやらない…だけでなく、避けている人に関しては、
マイルで最低限ほしいアイテムが入手できたら、もうチャレンジには用なし。
人が余計減りそうですね…。
それはちょっと、寂しいなぁ…と思う主でした。

チャレンジ嫌いだって人、実は結構耳にするので…
そういう人たちに、「チャレンジおもしろいよ!」と強要することはできませんが…。
そうじゃない人まで遠ざけてしまいそう。

まぁ、主は本編で周回プレイをあまりやる時間がないので…。
装備のほとんどがチャレンジ製のイデアルですから……マイル沢山もらえるのは、
結構うれしいんですけどね。
サブキャラ含め、全部イデアルでそろえるので、もう手持ちのマイルが1M切ってますから…。

今後、一体チャレンジはどうなるのでしょう…。

チャレにも撮影できる環境が欲しい

先日完結させました、PSO2のチャレンジクエスト「始動」をモデルにした二次創作
「その傷跡に芽吹く花」…折角完結させたので、今後気が向いたら挿絵的な
SSを挟んで行きたいな~と思っているのですが…
そもそもチャレはステージが進むにつれ余裕がなくて、SSをとるのがむつかしそう。

…改造することも前提に、今後何か、撮っていければいいな、と思うのですが、果たして。


(C)SEGA

とりあえず、試験的に撮ってみた1枚。
これは本編にない、後日談ですね。

「次に顔を見せたら、一発殴り飛ばしてやる」

の、アレ。

これとは別に、とりあえず最終話だけ試験的に挿絵を突っ込みました。
作品タイトルになってる一枚。
物語に沿って、ちょっと加工はしてありますが…撮影するの楽しかったです。


(C)SEGA

小説に乗せている挿絵は一部ですが…これが全体図。

「―――…そうだ、今度来るときは見舞いの花くらい持ってくるよ」

の、アレ。


共通ブロックにも、ロビー以外で撮影の幅が広がる場所が出てくれれば、
もう少し色々出来るんですけどね…。
マインクラフトのクリエイティブモードみたいなのがあればなぁ…。

書いてた小説について

13話で完結させた、PSO2のチャレンジクエスト「始動」をモデルにした二次創作
「その傷跡に芽吹く花」について、少しだけ。

特にNPCも出てこず、PSO2の設定を借りただけのオリジナル小説に近い内容でしたが、
いかがでしたでしょうか。

これは主が自分ひとりで書いた自己満足なので、特に誰かに校正を頼んだわけではなく。
おかげで、執筆中の文章(完成稿ではない)が残っていたり、誤字脱字があったり……
なんてシーンが実は結構あったりします。

お恥ずかしい話ですが、見直して投稿してても結構残るんですよね、そういうの。
気づいたときにこっそり直してるので、許してください。

現に…先ほども12話と最終話の手直しをしたばかりです。


さてこの物語。
「当たり前ですがフィクションだよ」というお話を最初にした気がいたしますが、
他にも「オリジナルの設定をいくつか混ぜて展開させてますよ」というお話も
していた気がいたします。
そのオリジナル設定の中には、公式の設定を変更したものも含まれているんですが、注釈し忘れておりました。

最初にこの物語を書き始めたときから、エンディングをしっかり決めていたので、
書いている自分自身が、「特に何か、書いていて困ることもないだろう」と
何の疑問も持たずに話を進めてしまったのも原因だった気はします。
読む人の事考えてねぇ!
これだから素人は。

完全にオリジナル設定を付加しただけではなく、公式の設定を曲げている場所があるよ、
という注釈を入れるという発想も出ないなんて、嘆かわしい話です。
すみませんでした。


…ところが、いざ最終話を更新してみて、
「これ注釈をいれた方がいいのでは…」という、誤解を招きそうな設定が2点ほどあることに
ようやく気が付いたわけです。

テクニックの適正や、チェインについてなんですけど。
ということで、今更ですが少しだけ言い訳させてください。

まず、チェイン。
実際のチャレンジは、別にツインマシンガンでなくても、スキル「チェイントリガー」を
覚えさえしていれば、どの武器でも発動できますね。
物語の進行上、ツインマシンガンに依存したスキルとして描いてしまいましたが、

「俺はテクニックでチェインを発動するぞ!」

でもよかったわけです。
単純に主が想定していた物語だと、テクニックで撃たれたら面白くないな~と思って
ツインマシンガンに依存した設定にすり替えましたが、
チャレンジにおいて、「俺、ツインマシンガンはちょっと…」って人は、
遠慮なく得意な武器でチェイン発動させてくださいね!


もう一つ、テクニックの適正…というのは、主にスキルツリーで何の属性にスキルを振ったか
を、モデルにして設定した話でした。
だから、反対の属性の威力が劣るとかそんなこともありませんので、念のため。
そもそも反対の属性とか、PSO2には無い概念な気がしますし。

他にも種族・性別による個別のアドバンテージや、スキルツリーに依存するような話もたくさん出しましたが

チャレンジに、スキルツリーは関係ないよ。


以上、この辺を誤解してチャレンジはじめちゃったらつらいかな~と思っての注釈(言い訳)でした。


それと最後に。
男しか出てきませんが、これは┌(┌^o^)┐小説ではありません。(笑)
そういうのは、たぶんもうちょっと雰囲気が違うんじゃないかな?

主は別に┌(┌^o^)┐も嫌いじゃない、なんでも美味しくいただける人生勝ち組の人間ですが、
それを目的に書くのであれば、たぶん毛色が違ったろうな…と思うので、
冗談なのか本気なのか…途中で「濃厚な┌(┌^o^)┐小説を見なきゃ!」
的な発言をされていた方!!!!期待(?)させてすみませんでした。

逆に、そういうのが苦手な方も、「ん?」と思うようなシーンがいくつかあったのは認めます。
すみませんでした。(笑)


最後にお礼となりますが、途中感想をくださった方、「読む読む!」と言ってくださった方、
本当にありがとうございました。
自己満足で書き始めたものとはいっても、ヤッパリそういう言葉が心底うれしいものです。
なので、遠慮なく感想ください、主がひたすら喜びます。

温かい言葉に、本当に書いてよかったなと思いました。
この自己満足が、少しでも楽しい時間になっておりましたら幸いです。

13:その傷跡に芽吹く花

自己満足のPSO2チャレ小説最終話です。

1話から合わせて、全部で140KBのテキスト量…。
薄いラノベ1冊分くらいでしょうか。
この文章量にお付き合いくださった方に感謝……!

登場人物を二人に絞ると決めた段階で、基本視点になる一応の主人公は
自分が扱うキャラにと決めましたが、出来ればW主人公っぽくしたいな…と思っていたので、
エピローグの視点は全部「彼」です。

…後半から「彼」の視点が増えてきていたので、そんな意図は見透かされていたでしょうか。
物語通してみれば、自分の世界が動くのは「彼」の方なので、本当の主人公は
そっちなのかもしれませんね。

これで、しばらくはPSO2の普通の記事を中心に書いていくかと思います。
気が向いたら、今度こそ短編とか…また小説を書くかもしれませんが、
その時はまた、お付き合いいただけましたら幸いです。


↓↓ 折りたたみ記事で、小説へ

続きを読む

12:悪夢の終わり

自己満足のチャレ小説12話目でございます。

実は11話を書いた後、すぐに書いたので、ストックしていた話だったのですが、
この話は最終話と合わせて出したいな~と思い、最終話を書ききるまで
保存してました。

ということで、今回最終話まで一気に出します。
長い間自己満足にお付き合いありがとうございました。
最後までどうか、お付き合いよろしくお願いいたします。


↓↓ 折りたたみ記事で、小説へ

続きを読む

SS:巷で噂のceallコマンド

再び今更の話題ですが、先日のアップデートの際、ひっそりと追加された
「/ceall」コマンド。

SS勢には神アップデートと話題のアレです。
これを使えば、自分だけではなく、周囲のキャラクターまでカメラに目線をくれるという
素晴らしいコマンド。

これはSS勢の主も黙っていられません。
ちょっと挑戦してみたい構図もあり、検証してみました。

まず…他のプレイヤーが目線をくれるのは色々な人の記事を見てわかりましたが、
NPCはどうなのか。

pso2_ss13.jpg
(C)SEGA

おほおおおおお!!!!!!!
嫁のマトイちゃんがちゃんと目線をくれる…!
まるでデートのような一枚が撮影できて、予想以上に満足できました…!
これは興奮する…!

しかし…うっかり、本鯖のロビーで検証し忘れてしまったのですが、
チャレンジロビーが特殊なのでしょうか…?
チャレンジロビーのNPCイナンナさんは、目線をくれません…。


(C)SEGA

自分はしっかり目線を送っているのに、イナンナさんは無視…。
一応チャレンジロビーに来てから、もう一度コマンドをうち、使用したのは「/ceall on」なのですが…
駄目でした。

公式説明では「特定イベントを除き、ログイン中は有効となります。
というコマンドだそうですが、ロビーはもしかしたら「特定イベント」というくくりなのでしょうか。
話しかけると視線を合わせてくれますし、NPCには適応されていないのかもしれません。

でもマトイちゃんで証明されたように、フィールドに呼び出せば、しっかり目線はくれるはず。
呼び出せないキャラクターは……諦めましょう。(笑)


さて、お次はやってみたかった構図。
今回は実験的に自分で試しましたので、以前実装された「/ce」があれば事足りるような内容ですが、
もし可能であれば、フレと撮ってみたかったので、今回は「/ceall」で実験しました。

結論から言って、思った通りの画は撮れなかったのですが。

端的に言って、撮ってみたかったのは「俯瞰」と「煽り」の構図です。
上から撮影したものと、下から撮影したものですね。

まずは俯瞰。


(C)SEGA

こ、怖ぇぇぇぇ!!!!
たしかに目線はくれてるけども…!(笑)

こう…爽やかに、少年漫画のように上を見上げるような構図を期待したのですが、
ヤクザ漫画の表紙みたいに、目線だけくれちゃったので、こんな形に…。
これはこれで、面白い画ではありますが…思ってたのと……違う。

たしかに、私が想定していたのは、目線だけでなく、首から動かさないといけない動作ですね。
ロビーアクションとうまく組み合わせれば、綺麗な画がとれるかもしれませんが…
何もなしで実行すると、このザマです。


次に煽り。


(C)SEGA

…うん。
たしかに、カメラの位置と、同じ方向は向いてくれるんだけど、ね……。

逆にこの構図は、相手を見下すような、強者の構図が撮りたくてワクワクしていましたし、
視線だけ下に向けてくれればどうにかなった問題だと思うんですが……
正面しか向いてくれない…!

カメラをかな~り近づけると……


(C)SEGA

かなり理想の表情が撮れたのですが。
全身を写すように、ちょっとカメラを放して撮ると、うまくいきませんでした。
か、加減がむつかしいなぁ…。

フレと、決闘のワンシーンみたいなのを撮りたくて、一方が高いところか見下ろし、
もう一方が見上げる…みたいなのを合成してやってみたかったのですが、
ちょっと無理そうです。

下向きの目線もね……できればもっと、思いっきり下を向くような視線がほしかったけれど、
その表情はPSO2には無い模様。
切れ長の目の人とかだったら、もうちょっと映えるかもしれませんね!

SS:今更、新スクラッチの衣装(男性)

本当に今更なのですが、新しいスクラッチ「ブリリアントウィンター」の衣装について、ちょこっとだけ。

今回アウターで「パーカージャケット」が追加されました。
これが地味に楽しみで、楽しみで…!
パーカーってことは、もしや、夏場…水着と合わせていい感じになるのでは?!
と、思い、早速合わせてみることに。


(C)SEGA


あ…あれ…?
なんか…思ってたのと違う……。

よく見るとこのパーカー、ラフな感じかと思いきや、微妙にお洒落仕様だった模様。
チェーン付きピンブローチとかついてるし…パーカーの上に羽織ってるジャケットも模様入り。


(C)SEGA

後ろから見るとご覧の通り。
違和感が…ヤバい!

ということで、楽しみにしてたわりに、使いどころが限られるな~と、
結局公式サンプルと同じような着こなしに落ち着いてしまいました。


(C)SEGA

男キャラは結構暗めの色や渋い色が人を選ばず映えるので、いいですね!
構成は

フロワガロウズM雪[In]
フロワガロウズM雪[Ba]
パーカージャケットM[Ou](茶)


です。
パーカージャケットは時々赤にもしてますが、それはそれでありでした。
全体的に暗めなので、中は白にしています。
これは単純に、主のキャラ…暗すぎる大人っぽい衣装があまり似合うキャラではないからですね。

ちなみに主は髪の毛が黒(こげ茶)なのでこの構成ですが、PSO2に多い銀髪の場合ですと
チャレンジでお見かけした方が、インナーはわかりませんでしたが…

フロワガロウズM[Ba]
パーカージャケットM[Ou] (白)


で、合わせていて、とても似合っていました。
フロワガロウズM[Ba]をきてると、パーカーの色が黒、ジャケットが白になって、
見た目的にもメリハリがついて締まります!

銀髪の方は、その構成…いかがでしょうか。


ちなみに、主はフロワガロウズセット、すごくお気に入りですが…
胸元が結構あいて、鎖骨のあたりに刺青?
が見え隠れするのが、本当にもうたまりません!

こういうボディペイント欲しかったんですけど、ドンピシャですね。
今のところ他に「これだ!」っていうのが無くて、ついつい使ってしまいます。

ボディペイントで出してくれないかな…そしたら普段着こなすInに幅が出るのに。
ついでに言うと、肩の刺青のボディペイントも、両肩ではなく、片方だけだったら使うのに。
……いや、そもそも男性衣装は肩が出るもの少なくて、使いにくくはあるんだけども。
運営さん…どうですかね?!




…と、まぁここまではいいとして……。
問題の「チェックジャケット」ですよ…。
キャラによって合う・合わないがある前に……くっそダサいんですけど……主の好みの問題ですかね…。


(C)SEGA

見よ、この圧倒的パジャマ感!
もうね、白で合わせたらとんでもなくパジャマ。
公式画像の紫もあんまり趣味良くないなと思ってたけど本当にこれはひどい…。

個人的には、緑・黒はまだ見れるかもしれない。
あと、赤も、上下合わせなきゃ、ありかもしれない…とは思いました。

そもそも、同じチェック柄を全面に使って上下合わせたら…うるさいと思うんですが…
気のせいですかね…主はファッション詳しくないんで、あんまり偉そうなことを言うと
恥をかきそうではあるのですが…。

色々手持ちで合わせてみましたが、チェックジャケット(ベース)に合う、
主の感覚で「これはいけるだろ!」っていうアウターはなく。
チェックジャケット(アウター)にあうベースは論外という感じで。
お手上げです。

ただ、今後のラインナップしだいでは化けそうなので、今後に期待しています。


ちなみに。
まぁ……見れない事もないかな? と思った構成がこちら。


(C)SEGA

チェックスラックス葉[Ba]
ラボコートM[Ou]


わぁ、まるで実験中の学生みたいだぁ……。
そうでなけりゃ、薬局のバイトかな?

個人的にこの衣装、靴はユニセックスっぽくていいな~と思ったんですけどね…。

この衣装、上手く着こなしている方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えていただきたいです。
コーディネート難易度、XHですよ…。

日記:床舐め in チャレンジ

風邪で寝付けないけど、微妙に体力はあって、仕事はできないけど退屈…
という子供みたいな状態で、とりあえずPSO2のチャレンジに、数日前から居座っています。

主はどちらかといえばチャレンジ勢だと思いますけども、別段記録に挑戦!
とか、そういうことは普段からやってるわけではありません。
もともと主はチャットしながらやるオンラインゲームが割と好きだったので、
チャットでやり取りできるチャレンジの空間が、それなりに気に入っていたわけです。

ということで、このブログからもわかるよう、特別無茶はしない主義。
そんな主ですが、昨晩、フレンドに誘われて、少人数チャレなるものにいってきました。

ふむ…噂には聞いていたけど、まさか自分がそれをやる日がこようとは……!

唐突なお誘いだったもので、予習の時間はゼロ。
知っているのは「少人数チャレというものが存在する」という知識のみという、
酷い状態でしたが「かまへん かまへん」というフレンドのご厚意に甘えまして、
「ならいっちょ、どんなものか見に行くか!」という好奇心を胸に、挑戦したわけです。


死にました。(笑)


多分きっと、本編合わせても、おそらく今までで一番。
チャレンジ実装当初だって、こんなに床は舐めてないぞ?!ってくらい、死にました。
(笑)とかつけたけど、割と笑い事じゃないレベルで。
それこそオンラインゲームを初めてやって、操作もおぼつかなかった頃のように。

うっ…マジかよ……こんなに自分が動けないとは、思いもしなかったぜ……。

動き自体はわからなくて、あたふたして「何やってんだ、お前!」状態にはなってしまうだろうなぁ…
とは思っていたものの…よもや、全エリアを掃除するモップになり果てるとは、
一体誰が想像しただろうか…。

M2からペロリスト・コウの大活躍()が始まって、頭痛がする思いでした。
多分、フレンドのムーンアトマイザーを全部使いました。
それでも死にました。
5人での挑戦、M4踏破ならず…この間、主が死んだ回数、下手したら2桁

何の冗談ですか、これは……。


現在は公式バグで、IAでのショップが使えず……従来の動きを説明しても無駄だという事で
少人数チャレンジ開始前に教えていただいた注意点は、とりあえず以下の通り。

・同じ敵は殴らないで、周りをよく見よう!
 …人が少ないのに同じ敵を殴ると、他で沸いた敵を倒す他のメンバーの負担が増えるから
  皆バラバラの敵を殴るようにしよう!

・自分の状況を見て動こう!
 …自分がボスのタゲをとっていなかったら戦闘機を落とすとか、自分の状況を確認したうえで
  優先順位を考えて他の人が戦いやすいようにしよう!

・ボス討伐は基本正面で接敵!
 …どうやら、ボスは正面からの近接攻撃が一番弱いらしい。
  遠距離や側面背面からの攻撃は、ボスの強力な技を引き出してしまうから要注意だ!


…なるほど、この3点なら、覚えの悪い主でも行けそうだな…なんて、思ったわけですが
思いっきり気のせいでした。


やってみて気づいたのは、第一に役割の動きが違う。
12人プレイの時に安置だと思っていた場所・思っていた状況が、まったくそうではなかったわけです。
例えば、ベイゼの破壊。

12人いればタゲさんがボスを遠くへ引き離してくれているので、
脳みそ空っぽで殴り続ければいいだけの状況ですが、少人数の場合、
ベイゼ破壊のすぐ横で、ボスが同席しちゃってるわけです。

…そりゃそうか、人少ないのに遠くへ人員割いてる余裕はない。
よく考えればわかることですが、全く意識になかった。
そんなシーンがたびたびありました。


第二に、接敵して倒すというのが地味にむつかしい。
主は本編で全クラスのレベルをカンストさせてますが、メインはTeの支援特化で遊んでます。

Teですが、支援特化のため、普段からスキルツリーの「ウォンドラバーズ」は習得していません。
最近は全クラスの追加スキルポイントをいただくべく、他のクラスをメインにしており、
先日ようやく近接のBo(DBメイン)とBr(刀メイン)を終わらせて、現在はHu(大剣メイン)になったばかり。
(※法撃職は全部スキルポイントオーダーが終わっているぞ!)

…ようするに、近接慣れしていません。
射撃は弓以外、もっと慣れてないけどね。

本編はごり押しが出来てしまうので、主のそんなプレイスタイルでも、
それこそ今の緊急クエスト「ネッキ―からの挑戦状!」で
ゼータ・グランゾの最後のレーザー、A.I.Sエクソーダのブラスターを直で受けた時以外
ぺろった覚えがありません。

なので、割と適当に戦っても大丈夫なのです。
だから、「近接職の動きってこんな感じかなぁ…?」と首をかしげ、
少しずつ慣れてきていたと錯覚していたのですが……
チャレンジでそんな適当な戦い方が通用するはずもなく。
無残に何度もぺろってしまって本当に申し訳なかった。

フレンド曰く、
敵の動きをよく見て、誰にターゲットがいっているのかよく観察して
とのこと。

なるほど…近接の人は、普段そういうことを考えて戦っているんだね。
頭が下がります。

近接職は全員敵の動作覚えてて、敵の攻撃タイミングがわかるから
戦えているのかと思っていたけど、どうもそれだけじゃないらしい。
勿論、そういうタイミングはある程度身体に覚え込ませなきゃいけないなぁというのは
近接を始めてみて思ったものですが、それより大切なのは、

敵がどこに、どういう風に攻撃するつもりなのかを知る

という事だったようです。
でないと、予想外の手痛い攻撃をくらったり、仲間に被害が及んだりしちゃうわけです。
意図しないMPKとかも、十分やらかしてしまう可能性があるわけですね。

何を今更初心者みたいなお話を…という話ですが、PSO2を初めて2年……
主は今まで全く考えていなかった戦い方でした。


ちなみにですが、普段の主の戦い方は、敵の攻撃の間合いを把握して、
手痛い一撃を食らわないように距離をとって立ち回ることと、
常にPTと周囲の人間のステータスを確認するようにすることです。

PSO2にはあまり必要ないかもしれないし、フィールド広すぎて、
スキルツリーから「ワイドサポート」をとっていても全員守り切れないなんてザラなのですが……
これでも支援ですからね。
死なせないよう、敵ではなく、味方の動きを見てました。

チ ャ レ ン ジ に は 必 要 な い け ど ね !

せいぜいが、マップで仲間の位置と、死体が転がってないかの確認がいる程度。
ぐぬぬ…これはお勉強が必要そうです。

普段の役職のありがたみをかみしめる思いでした。


また、そのあと続けざまに7人での少人数に参加させていただきましたが、
ベテラン勢の中「申し訳ねぇ!」と思いつつ、基本構成をまだ一番動けるであろう
テクニックに絞って、ほとんど後ろからついていくような形に。
M10のラスト、鳥まできて、戦っているうちに時間ぎれ。

…卑屈ではなく、マジな話、おそらく主というお荷物がなければ、踏破できていたでしょう。
申し訳なかった。
しかし一方で、ほとんど初見のこの遊び方を、最後まで一通り見て回れたのは
新鮮でもあり、楽しかったです。
世の中、やってみないとわからない事って、結構多いですからね。


床を舐めたこともそうですが…少人数なのにテクニックに依存する形になったのが
主の今後の課題ですね。
12人チャレンジなら、別にテクニックに依存することは特にないのですけど…
自分が「ヤバい」と思ったときに縋ってしまう部分が、テクニックになっているのは
あらためて再確認しました。

火力出てないなぁ……と、ため息が。

テクニック、別に異常なほど弱いってわけではないと思うんですけど(主にレア武器が出た場合)
いかんせん、PPの消費量がえぐくて、すぐに息切れしてしまうこと、
チャージの時間がものすごく長くて、それをするくらいなら、近接で殴ったほうが
まだダメージを稼げる、という図式になっちゃってるわけですね、このゲーム。

いわゆる魔法職。
時間はかかるし紙防御だけど、決まれば一撃必殺みたいな強力な技を撃てる職
……というのが、他ゲームに鑑みて、主が抱いた当初のイメージなのですが。
PSO2に限ってのテクニックって、どっちかといえば広範囲の敵にダメージを与えることと
弱点属性で相手を追撃する的な役割の方が大きい気がするんですけど、
主の気のせいですかね…。


それでも2周目は、おかげさまで、床舐めは極端に減りました。
役割でもないのにファンジにつかまってしまって死んだり、
気を付けていたのに前に出すぎて死んでしまったり、
ドール以上に死んで5回くらいは床を舐めてしまった事実はありますが…初見プレイよりはマシでしょう。

これで、マシ、という悲惨さ。
よ…よくこんな酷いプレイで、嫌な顔せず付き合ってくれたものだ……。

と、ご一緒した皆様に申し訳なさと感謝を半分ずつ抱きつつ……
自分がいかに甘い戦い方をしていたのかと、「臨機応変」ができない頭の硬さに気が付きました。

もう…歳なんですかねぇ…。

11:あふれるほどの後悔を

自己満足のチャレ小説11話目でございます。

今日ブログ更新しすぎなので、日付変わってからにしようかな~…
と、午前中からずっと迷っていたのですが…
もう今日も終わるというこのタイミングで、
「もうすぐ完結だし、いいか!」と、公開することに。

予定では、次回12話でチャレンジ本編完結、あとエピローグあわせて
13話で終わりかな…と思っているのですが、予定は未定。
まだ書ききっていないので、果たしてどうなることやら…。


↓↓ 折りたたみ記事で、小説へ

続きを読む

カテゴリ
過去のお勧め記事
プロフィール


名前 :コウ
人種 :ヒューマン/男性
メイン:Te/Su
Ship :10(現在8に旅行中)

チーム10:Rosen Kreuz(マネ)
チーム8:Re:Monster(コモン)

ガンナーに憧れつつ、
主にテクターやってます。
サブFoからSuに転向しました。
メインとサブクラスLV.80!
他クラスLV.75!

マトイちゃんとリリーパをこよなく愛す、
ファッションショーとSS撮影が
メインと化しているエンジョイ勢。

最低限迷惑にならない程度のプレイを
心がけつつ、楽しんでます。

+・+・+・+・+・+・+・+・+・


『PSO2サポーターズリンク』登録中!


[c]SEGA

いつも投票ありがとうございます!
よかったら1日1回投票よろしくね!

カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
事前事後の報告は不要です。

相互リンク希望の方は
お気軽にコメントにてご連絡ください。

タイトル⇒ 初心者あんしん!PSO2
URL ⇒ http://kourk.blog.fc2.com/
管理者 ⇒ コウ

※ バナーは持ち帰りでお願いします


リンク
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスカウンター

現在の閲覧:

2016/09/19設置。
今更感ある…。