FC2ブログ

小話:装備強化が求められる理由

※この解釈は、主がゲームをやっていてたどり着いた答えだから、絶対ではないよ! 参考程度に捉えてね。


●大前提

一人でプレイするときは、勿論自分の自由にしていいんだよ。
遊び方は人それぞれだ。

装備強化の話があがるのは、多人数プレイが前提となるクエストだね。
PTに参加する時と、緊急クエストが主にこの話の舞台になるよ。



●クエストの構造、PTの意図

緊急クエストは、大前提として多人数で攻略する事を前提に作られたゲームバランスなんだ。
報酬も他のクエストより良く、エネミーも強いとあっては、当然の事だね。

腕試しで、自分ひとりでクリアする人もいるかもしれないけど、普通はやらない。
被ダメージはでかいし、HPも異常に多いとあっては、時間内に攻略なんて、なかなかできるものではないよ。

それなら皆で協力して確実に敵を倒して、報酬も沢山もらったほうが幸せになれるよね。
そう思うから、皆はマルチエリアでの戦闘になる緊急クエストを受けに来てるんだ。
当然、目的は協力して効率よくクリアすることだよ。

ここでいう効率は、ゲーム内の効率の話ではなくて、単純に、
『一人で時間をかけて、なんとか1体敵を倒す』より、『皆で短時間のうちに、敵を沢山倒そう』という意味だよ。

PTプレイも同じだね。
一人でやるより皆でやったほうが、安全に早く倒せる。
特殊な条件をつけていない限り、
腕試しのためにクエストを受けたり、PTを募集しているわけではないんだ。



●なぜ強化が求められるのか

装備の強化をしろ、というのは、言い換えれば『火力を上げてくれ』と『簡単に死ぬな』って意味だね。
緊急クエストにしてもPTプレイにしても、メンバーの働きによって、結果が大きく変わってしまう。
自分ひとりだけの結果ではなく、関わった全員の結果に繋がってしまうんだ。
誰だって、たいていの場合、よりよい結果を残したいと思うものだよね。

全てを完璧にしろ、なんていうのは、皆ができることではないけれど…。
出来る範囲内で、自分の出せる最大の結果を示すために、最低限、
装備の強化が叫ばれているんだと思うよ。


何度も言うけど、完璧な人に合わせる必要は無い(というか、たいていのプレイヤーはできない)よ。
自分のできる範囲で強くなる事…装備の強化は誰でも簡単に出来る強さである事から、
求められているんだね。
スポンサーサイト



小話:教える人と教わる人

※この解釈は、主がゲームをやっていてたどり着いた答えだから、絶対ではないよ! 参考程度に捉えてね。

最近ちょっと思うところがあって、こんな話をしてみます。
ちょっとでも考えてくれる人がいたらいいな…と、主は思うのでした。



●ネトゲにいるカッコイイ人

初めてやるオンラインゲームには、テストプレイでもない限り、大体の場合、既にゲームを遊んでいる
先輩プレイヤーがいたりする。
当然のことながら、その人はゲームを始めたばかりの自分より、知識も技術もあるわけだ。

そんな先輩プレイヤーの中には、ゲームを始めたばかりの初心者に対して好意的な人もいる。
おそらくは、そのゲームがとても好きで、長く楽しみたいと思っているんだろうね。
オンラインゲームはユーザーがいないとサービスが停止されてしまうから、
新規プレイヤーにゲームを好きになってほしいと考えているんだと思う。

彼らは、右も左もわからない初心者に、色々な事を優しく教えてくれたりするね。
時には難易度が高めのクエスト(オーダー)を、一緒にクリアしてくれたりするかもしれない。
最初のうちはそんな先輩達に、頼ってしまいたくなる。

主はその昔、はじめてやったオンラインゲームで初対面の人達に、相当迷惑をかけた。
なにせオンラインゲームのイロハがわからない。
オンラインゲームは、コンシューマゲームと違って、
適当にごり押しすればなんとかなる要素というのが非常に少ないわけなのだが…

そんな時も、オンラインゲームの先輩方に、色々なアドバイスをしてもらって、今にいたっている。
とても幸せな思い出だ。



●寄生は嫌われる

自分は特に役に立たず、他のプレイヤーに守ってもらってクエストをクリアするようなプレイスタイルは
基本的にどのオンラインゲームでも歓迎されていない。

残念ながらこれは、初心者だろうと例外はないだろう。
こういうプレイスタイルは、「寄生」や「姫プレイ」等と言われ、嫌われる傾向にある。
どうしてそういわれるのか。

PSO2に限っては話が少しかわり、余計やられると困る戦闘スタイルなのだが、
一般のMMORPG(多人数で同時接続できるゲーム)でも嫌われているのは、
強さを出すための要素に装備も関係しているからではないだろうか。

戦闘技術だけではおいつかない面を、装備で補うのがオンラインゲーム。
そこに、お金と時間をかけて強くなったプレイヤーがほとんどだろう。
戦闘技術だけなら、きっと守ってくれる人はいるんじゃないかな。
でもそれは最低限の事をしているからだ。

自分はお金をかけずに、美味しい思いだけしようと思えば、周りの人はどう思うかな?
きっと嫌な気分になるんじゃないだろうか。
だから、これは推奨されていない。

 ※PSO2はMORPG(少人数で同時接続できるゲーム。クエストは最大12人まで)
  これで寄生されると、クエストのクリアが危うくなってしまうから、余計嫌われる行為だよ!




●勉強のための寄生

そうは言っても、装備を整えたら勝てるほど甘くないのがオンラインゲームだ。
立ち回りや、そのクエストの「おやくそく」を知らないと、簡単に敗北してしまう。
コンシューマゲームよりは、少し難易度が高いゲームだ。

結果として、本当の初見は「寄生」といわれるような、守ってもらわないとすすめないクエスト…
なんていうのはザラにあったりする。
そういうクエストは、教えてくれる人と一緒にまわる方がいい。
説明すれば、一緒にクエストへ行ってくれる人もいるんじゃないかな?

そんな時は、教えてくれる人より先へ進まず、後ろへ付いて回って、
先輩の動きを見るのがお勧めだ。
そういう最初の一歩を嫌う人は、意外と少ないぞ。

逆に、説明して貰う立場なのに先行しすぎて死んだりしたら、
説明も聞かない人だと思われて嫌われてしまうよね。
気をつけたいところだよ。



●教える人の教え方

これは完全に主の主観なんだけど…。
教えてくれる人の中には、自分の強さを誇示したいだけの人がいたりする。
勿論、最初に手助けしてくれるという意味では、とてもありがたい存在に違いは無い。

ただ、どんなに強い敵でも、先輩がすぐに倒してしまったらどうだろうか?
今後新規プレイヤーは、その人無しでゲームを遊ぶ事ができなくなってしまう気がする。

本当に「新規プレイヤーにゲームを楽しんでもらいたい」と考え、ゲームを盛り上げてくれる
優秀な先輩方は、是非新規プレイヤーに「強くなる方法」を教えてあげて欲しい。
自分がいなくても楽しめるように。
いつか一緒に、背中を預けて戦えるように。

勿論それはとても大変な事だと思う。
でもそんな人だからこそ、新規プレイヤーにとっての憧れであり、目指すべき人になるんじゃないかと
主はおもっているぞ。



●教わる人の姿勢

悲しい話だけど、いわゆる寄生や姫プレイは楽な遊び方だ。
特にオンラインゲームの戦闘以外の要素が好きな人(着せ替えだったり、SS撮影だったり…主みたいな人だね)
にとっては、ゲーム内マネーを稼げるのであれば、なんだってかまわない。
守ってくれるなら、守ってもらって、装備強化のお金をファッション(見た目)につぎ込みたい。
その気持ちは正直な話、とてもよくわかる。

だけど、折角教わるなら強くなるつもりで挑んで欲しい。

自分が誰かの先輩になった時、自分が先輩から受けた行為を新しい後輩に返せるように。
頼るつもりで教わるのではなく、頼らなくてよくなるように教わって欲しい。
教え・守ってくれる人は、自分の時間を割いて、楽しさを伝えようとしてくれている事を、
是非忘れないでいてほしいな。

主はかつて受けた恩を別の誰かに返せるように、主が先輩になった時は、
その人がゲームを楽しいと思ってくれるような手助けが出来ればいいなといつも考えているぞ!

小話:デザコンについて

結果発表から一夜明けまして、いきなり手のひら返しで失笑モノではございますが、
ノミネートしていただいた2点について、少しお話しようかな~と思い立ったものの
公式の応募規約に…

ブログやSNSなどへの投稿作品の掲載はお控えください。
特に、投稿時点で未発表であっても、結果発表前に作品を公開されていることが確認された場合は、
受賞取り消しとなる可能性がございます。


というものがございまして。
ちょっと躊躇してしまった主です、おはようございます。


主はあまり噂話に詳しい方ではないのですが、過去に合ったらしい問題なども含め
ちょっと今回は、デザコンの意図やルールについて考えてみるよ。


● 大前提:入賞作品はアイテム化され、実装

PSO2を遊ぶユーザーは、あくまで「娯楽」ですが、運営側はそうではありません。
変なものを実装してしまったら、法的に処罰されてしまう事も。

では実際、どんなものが「変なもの」なのか。
過度にエロかったりグロかったり、見ただけで運営で判別できるものなら、
選考段階で跳ね除けてしまえばいいだけなんだけど…問題なのは
何か他の作品からデザインのパクリ、トレスじゃないかな。

どうやら過去、問題になった事があるようだね。
主も趣味や仕事柄、オタク業界に身を置くもので、この手の話は残念ながらよく耳にします。
悲しい話だね。



● この作品のこれが欲しいのに、どうして提案したら駄目なの?

作品には、それぞれ「著作権」とうものがあるよ。
ものすごく簡単に言ってしまうと、作品を作った人が、作品を自由に使う権利だね。
これはどこかに申請しなくても、作品を作った時点で発生するよ。
この権利、実は自分の作った作品を他人が自由に使えなくする権利でもある。

つまり、PSO2とは関係ない他の作品のデザインは、PSO2で勝手に使ってはいけないってことだ。
これを破ってしまうと、法的に処罰されてしまうわけだね。

これは何も、プロの作品に限った話だけではないよ。
きちんとお互い了解しあっている場合は勿論使用してもかまわないのだけど
(現にPSO2でも他作品とのコラボをやっているよね!)
勝手に使えば、法的に罰せられてしまうため、それが運営さんの一番怖い事だろう。
コンテストに応募する側は、運営さんに敬意をこめて、それらの行為はしないようにしたい。



● パクリとそうでないものの境界線

そもそも、アイデア・ネタの「かぶり」と、「パクリ」は根本的に違うよ。
たとえばPSO2で簡単に説明すると…

■ ケース1
「普通のラッピースーツ」をデザインした人と「普通のリリーパスーツ」をデザインした人がいたとして、
同じ「きぐるみ」を提案しているわけだけど、これは誰でも思いつく範囲の「アイデア」だよね。
パクリとは言わないよ。

■ ケース2
「普通のラッピースーツ」をデザインした人と「サマー・ラッピースーツ」をデザインした人がいたとして、
同じ「きぐるみ」であり同じ「ラッピー」をモチーフにしているけれど、
やはり誰でも思いつく「アイデア」の範囲だよね、パクリとは言わないよ。

■ ケース3
「普通のラッピースーツ」をデザインした人と「赤いラッピースーツ」をデザインした人がいたとして、
この場合はアウトだね。
何が駄目なのか。
ただ色が違うというだけだと、根本的に作品の本質・作品のキモ…
ようするに「この作品はこれがオリジナリティだ」という部分が変わっていないからだよ。

ただし、例外もある。
たとえにラッピースーツを使ってしまったのが少しまずかったかなと思うんだけど…
正直この「ラッピースーツ」というデザイン、誰でも思いつくものだ。
たとえば去年のデザコンで裸体に直接ラフなシャツを着るというデザインが複数投稿されたけど
あれと同じで「誰でも思いつくもの」には、パクリもくそもない。

それと同じで、よほど特殊な特徴が一致していない限り、学校の制服デザインや、
人気のスーツ、軍服など、ネタがかぶっていようが、すべてパクリとは言わないよ。



● どうして未発表作品でないといけないの?

募集の注意事項に「投稿作品に関する著作権は弊社に帰属するものとし」という一文があるけれど、
ようするにこの言葉から運営さんが言いたいことは、
「そのデザインの使用権はすべてこちらが貰いますよ」という意味だ。

デザインを投稿したら、採用だろうが不採用だろうが、権利は全部運営さんのもの。
ずるい。
…正直、横暴だと思うよね?
でもなんでこんな事を言うんだろうか。

それは自分の会社の商品を、自分が感知できないところで使われたくないからだよ。
これは単なる我侭ではなくて、自分が感知出来ない場で使われて、
仮にもしも、商品(この場合はPSO2)を貶められるような結果になってしまったら大惨事だ!
そうされないために…今のゲームの運営形式を守るために提示されている規約だね。

これがもし、過去に発表されていたら、どんな使い方をされていたのか、
運営さんにはもうわからないし、調べる時間も無い。
残念だけど、そういう理由からコストに見合わないので、やめて欲しいなって事だと
主は解釈しているよ。



● どうして結果発表までデザインを公開したらいけないの?

どうしてなんだろうね? (笑)
ただ、想像する事は出来る。
1つは上記と同じ理由で、変な使われ方をしたくないからだとは思うんだけど、
もう一つ、主は「こういう理由が大きいんじゃないかな」と思っている事があるよ。

「結果が出るまで製作者を特定されたくないから」
このデザインコンテスト、入賞作品はACスクラッチで配信される事になっているが、
つまり課金要素…ダイレクトに運営へ響く案件だってことだ。

「ランキング形式にしてくれれば、ユーザーが欲しいものが手に入るのに…」
という意見をすごくよく目にするのだけど、残念ながらランキング形式にした場合、
必ず本当にお金をかけて入手したいアイテムかどうかではなく、身内票が入る
最悪だと、別に欲しくは無いけど面白いから票を操作しよう!なんて人も。

これをされてしまうと困るから、ランキング形式にはできないんじゃないかな。
運営に直接影響しない要素であれば、それも一つの楽しみ方として容認されたと思うんだけどね。
(現に他のコンテストや人気投票は普通に行われているし)

主も今回、多分そういう理由だろうな…と思ったので、キャラコンと違って
名前が公表されていないこともあり、自分がノミネートしていただいたデザインについては、
結果発表がくるまで喋らない事にしたよ。
まぁ、キャラそのままだから、見たらわかるんだけどね。



● 落選デザインは公開したらいけない?

直接問い合わせたわけじゃないけれど、そういう話を耳にしたので、ちょっとだけ。
いくらなんでも普通に考えてそれはないと思うよ。
ただ、そう言っている人の根拠もわかったので、なるほどという面もあった。
そこから主が出した結論は、「公開する条件はあるんじゃないか」だ。
ちょっと詳しく話していくね。

・規約に書いてある一文
 > ブログやSNSなどへの投稿作品の掲載はお控えください。
 > 特に、投稿時点で未発表であっても、結果発表前に作品を公開されていることが確認された場合は、
 > 受賞取り消しとなる可能性がございます。

 これをみて「掲載するな」って意味だと捉えてる人が結構居るみたいだけど、
 主は「結果発表前に」掲載するのはやめてね、って意味だと捉えたよ。
 日本語って難しいね。

・権利はSEGAに移っているぞ!
 規約にも採用だろうが不採用だろうが、投稿した時点でデザインの著作権は
 SEGAにわたると明言されている。(それに同意しないと応募できないぞ!)
 だから勝手に公開してはいけないのはわかるんだけど…公式サイトの
 「『ファンタシースターオンライン2』著作物利用ガイドライン」を見れば、
 非営利目的であればPSO2関連の創作物公開許可が下りている。

 他のコンテストに応募しなおしたりするのは駄目だが、SS公開と同じように
 「(C)SEGA」という一文を入れて公開する分には、何の問題も無いように見えるぞ!


あくまで主の認識で、実際に問い合わせたわけでは無いが、
規約を見ていればこの認識はおそらく間違っていないと思う。
本当に「不採用でも一切公開するな」だったら、ユーザーを盛り上げるためでもなんでもなく
完全にアイデアだけ出す奴隷募集なわけで、そんな事、普通に考えれば堂々と書くわけが無い。

ただ、大前提として「PSO2のデザコン」なので、参加者は全員「PSO2」の世界を前提に
デザインを起こしていることになる。
このPSO2という大本の権利は運営にあるわけだから、PSO2以外の場所や、
SEGAの著作権を表記せずに、デザインを公開したり使用することは許されないぞ!



● PSO2における「デザコン」の目的

去年の結果を見た感じ、そもそもPSO2に限って、デザコンの目的は
ユーザーが欲しいと思っているアイテムを実装する事」なんじゃないだろうか。
つまり、「センスある作品を選び抜こう」というものとは、少し違う趣向なわけだね。

ところが実際のところ、PSO2のデザコン初期や、他の運営が主催しているデザコンではそうでない事が多い。
入賞は実際に欲しいものかどうかではなく、アイデアやセンスの優れたものを優先するわけだ。
パリコレを想像して欲しい。
ああいうのは、「すごいセンスだ」と思うけれど「日常的に使いたいアイテム」ではないよね。

 ※勿論、センスのいい作品が選ばれるのだから、実際はパリコレと違い、
  日常的に使いたいと思う人が多くなることの方が多い。
  入賞してる奴は欲しいやつとは違う、という意味ではないよ!


実際、今回のノミネート結果を見ても思うのだが、「アイデアとして優れた作品」より
既に似た作品があるけど、「センスで勝負したい作品」が目立っていた
気がする。
かくいう主も、その方向で応募した身だ。

つまり目新しさではなく、日常使いしたいアイテムを出しているわけだね。
この結果からも、運営の意図について、応募者はおそらくその趣旨を理解しているのではないかな?
「入賞というステータス」が欲しいのではなく、「自分の希望するアイテムを実装」して欲しいから応募している
という人が大多数だと思う。



● 気の毒ではあると思うこと

「入賞というステータスが欲しい」のではなく、「自分の希望するアイテムを実装して欲しい」から応募している人
が、大多数ではないかと上記で考察いたしました。
少なくとも主は、ステータスよりも欲しいもの実装してくれと思っている身です。

…が、入賞されたアイテムは「この人がデザインしましたよ」という事が堂々と明言される。
たいして、入賞せずに実装されたアイテムでは、発案者の名前は一切公表されない。
賞品として実装されたアイテムをタダでもらえるかどうかという問題ではなく、
単純に、「優れている」と運営が評価したにも関わらず、自分に何の評価ももらえない

と言うのは、少し残念だろうなと思う。

たとえば、主が印象深かったのは2回目のデザコンのアクセサリー部門でノミネートされた
「フェイク・コア」

 (C)SEGA

主はコレを見たとき「欲しいな」と思ったんだけど、残念ながら入賞はしなかった。
しかしそれから1年ほどして「なんちゃって侵食核」というアクセサリーがFUNスクラッチで出た。
すごく嬉しかったが、発案者は複雑だったのではなかろうか。

過去のデザコンノミネートから引っ張ってきた案だというのは、
デザコンを一番楽しみにしている主みたいな人間からすれば一発でわかるもので、
それをもみ消そうとしていないあたりは良心的だと思う反面、
発案者の名前が公表されないのは気の毒だなぁとも。

運営さんも、実装したら「過去のデザコンから~」みたいな感じで
一文添えてくれたら、随分印象違うのになぁ…とは思う主でした。
アイテムがもらえなくても「評価された」という名誉は残るわけだからね。

追記:画像の掲載について

どこかに追記で記事を足そうかと思ったんだけど…。
長い内容ばかりだったので、これ以上文章を長くしても…と思い、新しく記事を制作して説明するね。

デザコンのノミネート作品発表の件について、主はこのブログで、公式から画像を引用していたわけだけど、
デザインした人に画像の転載許可をとったの?」っていう質問があったわけです。

先に結論から言うと、個別に許可をとる必要は無いよ。

それはなぜか…ちょこっとだけ説明するね。


下記の「小話:デザコンについて」でも少し触れた話ではあるんだけど。

このコンテストに応募する際、応募者は事前に公式が提示している注意事項に
同意していなければいけないよ。
その注意事項の中には…

投稿作品に関する著作権は弊社に帰属するものとし、弊社は投稿作品につき制限を受けることなく、
自由に使用することができるものとします。
また、投稿者は、投稿作品の返却は行われないこと、
および投稿作品に関する著作者人格権を行使しないことに同意するものとします。


っていう一文がある。
ようするに、このコンテストに応募した人は、その合否に関わらず、
「デザインの使用権は全部SEGAに移って、著作権も会社の方針に従ってね」
っていう意味だよ。
そもそもこれに同意していないと、応募はできない。

で、この「SEGAの方針」というのはプレイヤーズサイトの「著作物利用ガイドライン」に
しっかり書いてあったりする。
著作物利用範囲を見てみると…

『PSO2』に関する文章・画像・動画は、個人用かつ非営利目的のホームページ
(Webサイト、ブログ、SNS、画像・動画投稿サイト、掲示板などのサービスを対象とします)
において公開することを許可します。
上記ホームページ等の著作物の利用範囲において、法令に反する情報、公序良俗に反する情報、
株式会社セガゲームスの製品・サービスのイメージを損なうような情報を掲載してはならないものとします。


というのがあるんだけど、ようするに簡単に言えば
「PSO2のイメージを不当に悪くするような使い方をしたり、お金儲けしたりしない個人であれば
 PSO2に関係するものをブログとかに載せてもOKだよ」

っていう意味だ。

その後にある、「ただし、載せるならこれだけは守ってね」っていうルールが、『(C)SEGA』っていう
著作権元を明記させる事なんだけど…。

PSO2のデザコンノミネート画像は「PSO2に関する画像」であり、
うちのブログは個人の非営利で条件は満たしている。
画像掲載の記事にも「(C)SEGA」をきちんと入れているから、大丈夫なんだよ。


※補足
これは、デザコンの権利がSEGAに移ったから出来る事だよ!
(発案者がSEGAの方針に従う事が明記されているからできることだよ)
同じPSO2の著作物でも、他の人が書いたファンアートは許可を取らなきゃ転載しちゃだめだよ!
カテゴリ
過去のお勧め記事
プロフィール


名前 :コウ
人種 :ヒューマン/男性
メイン:Te/Su
Ship :10(現在8に旅行中)

チーム10:Rosen Kreuz(マネ)
チーム8:Re:Monster(コモン)

ガンナーに憧れつつ、
主にテクターやってます。
サブFoからSuに転向しました。
メインとサブクラスLV.80!
他クラスLV.75!

マトイちゃんとリリーパをこよなく愛す、
ファッションショーとSS撮影が
メインと化しているエンジョイ勢。

最低限迷惑にならない程度のプレイを
心がけつつ、楽しんでます。

+・+・+・+・+・+・+・+・+・


『PSO2サポーターズリンク』登録中!


[c]SEGA

いつも投票ありがとうございます!
よかったら1日1回投票よろしくね!

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
事前事後の報告は不要です。

相互リンク希望の方は
お気軽にコメントにてご連絡ください。

タイトル⇒ 初心者あんしん!PSO2
URL ⇒ http://kourk.blog.fc2.com/
管理者 ⇒ コウ

※ バナーは持ち帰りでお願いします


リンク
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
アクセスカウンター

現在の閲覧:

2016/09/19設置。
今更感ある…。